メニューへ移動する


トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> か行  >> 閑散に売り無し  

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

か行 

閑散に売り無し  


『閑散に売り無し』

 相場が低迷してがもちあい状態を続けると、市場では人気が離散し、売りも買いも共に細って閑散となってきます。それだけに、売り物がどっと出てきそうですが、それまでに売りはほぼ枯れていますので、売り物は出てきません。
 相場は上にも行かず、下にも行かないので、投資家としては、買っても値幅が取れず、手数料だけでも損をしそうになります。そして逆に、信用売りしたい心理になってきます。
 でも、過去の例から見れば、値下がりして低迷状態が続き、出来高が減って、商いの閑散な日が続けば、相場は底値に達し相場の転機が近いことを示唆しています。
 なにか材料的にきっかけがあれば、反発する下地はできているわけですから、こういう時は、信用売りしたい気持ちを抑えて、逆に、小当たりに買って出ては…という格言。相場が大底をついたかどうかは、いつも結果的にしかわからないですが、安値もちあいで、商い閉散の状態が長く続くということは、底値鍛錬をしていることを意味します。

スポンサーサイト

テーマ  株式投資 << 株式・投資・マネー

タグ  株格言 相場格言 



コメント

コメントをお寄せください

 ※管理者のみ読めます


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://kabukakugen.blog75.fc2.com/tb.php/98-8cbec4d5
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

値幅

値幅とは相場の上昇、下落の幅のことで「値開き」ともいいます。   >> もっと読む
  • 2006年10月07日(土) 23:46:08
  • 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
  • Top

トップページ >> ご案内

ご案内

利用方法 など

株式相場にまつわる株の格言集です。
株の格言・相場格言を50音順に分けて、調べやすい辞書風にまとめました。

主観的な意見も入っています。

検索窓にkeywordを入力していただくと、簡単に調べたい格言が出てきます。


トラックバックや相互リンクは大歓迎です♪
相互リンクご希望の方はコメントをして頂けたらお返事致します。

アクセスRankingはお気軽にご参加ください。常連様はサイト名を登録いたします。







ページ先頭へ戻る


ブログパーツ SEO対策:格言 Blog検索 株式投資 ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。